2018年12月07日

最近良く聴く曲:トロピカル3部作時代の細野晴臣さんの曲

前回の記事ではパチソン(アニメソングのカバーなのだが、アレンジや歌詞などがどこかズレていて笑いを生む曲)をよく聴いている、と書いた。

あれから1ヶ月以上経過して、今は何を聴いているかというと、タイトルにあるように、細野晴臣さんのトロピカル3部作時代の曲である。

ちなみにトロピカル3部作とは

『トロピカル・ダンディ』(1975年)
『泰安洋行』(1976年)
『はらいそ』(1978年。名義は「細野晴臣&イエロー・マジック・バンド」)

の3枚のアルバムである。

ちなみによく聴くのは2枚目の『泰安洋行』の曲が多い。
なぜかは分からないが、今の自分の心にしっくり来る曲が多い。

ざっとあげると

「蝶々-San」
「香港Blues」
「“Sayonara”,The Japanese Farewell Song」
「Roochoo Gumbo」
「Pom Pom蒸気」
「Exotica Lullaby」

あたりが特に好きである。

さらに言えば「蝶々-San」は聞き始めた頃から大のお気に入りで、よく聴きまくっている。
毎日聴いている。
何がそんなに好きなのかわからないが、何となく日本の民謡っぽさを感じる。
(細野氏が弾く三線の音、あとリズムやテンポのせいか)

あと、何となくだが大瀧詠一氏の曲っぽくも感じてしまう。
大瀧氏が一時期音頭もののアルバムを出したイメージもあるからだろうか。

そんなこの曲では、大瀧詠一氏と山下達郎氏がコーラスで参加している。
どのような経緯で参加したのだろうか。

さらに言えば大瀧氏は「宿霧十軒(やどぎりじゅうけん)」名義で、山下氏は「山下よた郎」名義になっている。
大瀧氏の変名はともかく、なぜ山下氏の変名は「よた郎」なのだろうか。


「Exotica Lullaby」はアルバムの最後を飾る曲だが、どことなくファンタジックな曲調である。
歌詞もファンタジーさが漂っていて好きである。
なおリズムはレゲエというかスカっぽい。裏打ちのビートを感じる。

……と思っていたら、細野氏によるとスカとルンバをミックスしたものだそうな。
ルンバまでは気付かなかった。
(細野氏も大瀧氏も過去の音楽への造詣が深すぎるので、私の知らない音楽がてんこ盛りである)

ちなみに細野氏によると、この曲は、

「控えめですが、僕の中では数少ないラブソングのつもりでした」

haruomi hosono 1976より)

とのこと。
そういわれればラブソングに聴こえなくもない。

なお、「“Sayonara”,The Japanese Farewell Song」(以下「サヨナラ」)と「香港Blues」は、聴き始めの頃はそんなに好きな曲ではなかった。

「サヨナラ」は確かにトロピカルムード漂う曲だが、ゆったりしていて少しかったるく感じた。
「香港Blues」はミステリアスな雰囲気で独特の曲調だが、単に好みではなかった。

だが、この2曲のライブ版を聴いて、何故か気に入ってしまったのだ。
ちなみにそのライブ版とは、細野さんが1976年に横浜の中華街に同發新館(どうはつしんかん)あるで行ったライブ「ティン・パン・アレー・イン・チャイナタウン」の映像である。
(同發新館は、同發という広東料理店の複数の建物のうちの一つだと今調べて知った。同發新館は同發の公式HPによると、もともとは「新光映画劇場(しんこうえいがげきじょう)」という映画館だったという)


ライブだからスタジオ版に比べるとラフなところもあるが、それが良いのだろうか。
自分でも何故か分からない(2度目)。

「Pom Pom蒸気」はどことなく初期のロックンロール、特にジェリー・リー・ルイスの「火の玉ロック」を思わせるアップテンポの曲で大好きである。
実際歌詞にも「火の玉ロック」の一節が出てくる。

この曲を聴いていてすごいと思うところは、間奏のスティールギターである。
普通の(?)ロックンロールにスティールギターを使うという発想がすごい。
もちろんスティールギターのフレーズもすごい。


ちなみにトロピカル3部作の最初のアルバム『トロピカル・ダンディー』の曲はあまり聴いてないし(「チャタヌーガー・チュー・チュー」や「北京ダック」ぐらいか)、『はらいそ』は一時期「東京ラッシュ」や「四面道歌」「ウォリー・ビーズ」はよく聴いていたが、最近は少しご無沙汰である。

『はらいそ』は前2作と比べると、トロピカル色が減っている気がするのは気のせいだろうか。
1曲目の「東京ラッシュ」はモロにシティ・ポップな感じで普通に洗練された曲に感じる(だめなわけではない)。

トロピカル要素を感じる曲と言えば、スティールドラムっぽい音が聴こえる「四面道歌」や、ムッシュかまやつ氏の父であるティーブ・釜萢氏がボーカルを取る「ジャパニーズ・ルンバ」や沖縄民謡の「安里屋ユンタ」、あとはインストの「シャンバラ通信」ぐらいだろうか。

『はらいそ』は音が洗練されていると言うかクリアというかすっきりしすぎている。
これは細野さんがレーベル移籍したこと、それによるスタジオの違いも影響しているのだろう。
(『トロピカル・ダンディー』と『泰安洋行』はクラウンのパナム、『はらいそ』はアルファレコード)

実際、『泰安洋行』を絶賛していた山下達郎氏が『はらいそ』に対しては不評だったという。
haruomi hosono 1978より)


とまあ、とりとめもなく書き連ねてきたわけだが、今は特に先にあげた中華街ライブをよく聴いている。
1曲目の「つめたく冷して」が大好きである。
この曲はプレスリーが1956年に出した「冷たくしないで」(原題:Don't Be Cruel)の替え歌カバーだが、テンポを落として何とものんびりとしたリラックスムード漂う曲に仕上がっている。
何だかビールのCMで流れていそうでもある。

このライブでは、後にYMOでもカバーする「ファイアークラッカー」(細野氏が一時期ハマっていたというマーティン・デニーの曲)を演奏している。
アップテンポでエネルギッシュな演奏で好きである。


いつまで自分の細野氏のトロピカル3部作時代の曲ブームが続くかは分からないが、今はまだ好きで聴き続けるのである。



posted by miron | Comment(0) | J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]